top of page

    私は携挙は艱難中だと思っています。


携挙には艱難前、艱難中、艱難後の説があります。艱難前と言われる方達はエゼキエル書を読んで艱難前であると考えておられると聞いています。そして、艱難後の携挙を考えてておられる方もおられますが、私の意見としては艱難後はすぐに千年王国に入りますので、そこに携挙は必要ないと思っています。勿論、聖書には確実な時期は書かれていませんので、どれも可能性があり、艱難前の説も艱難後の説もどちらも可能性があるので、そのご意見は尊重致します。でも、私の中では艱難中が一番つじつまが合うのではないかと思っています。


とは言っても、先程も書いたように携挙の次期がハッキリ書かれていないのですから、どれも可能性があると思ます。でも、色々なみ言葉を照らし合わせて、つじつまの合う説が一番確率が高いのではないかと思うのですが如何でしょうか?では、何故、私は艱難中が一番つじつまが合うというのかをお話ししたいと思いますが、少し長くなるかも知れませんので、続きは次回、少し詳しく書いていきたいと思います。ある人は「時期は気にせず、いつ携挙がきてもいいように用意していなさい。」と言われます。それが一番正しいかも知れませんが、でも、やはり携挙の次期は気になりますよね。それでは次回をお楽しみに。




閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page